ボランティア

点字図書室のボランティア活動

点字・録音図書は、ボランティアの方々のご協力により製作されています。
点字図書室では、ボランティアの養成講習会も毎年、行っています。
2018年度の点訳・音訳講習会は6月に開講し、点訳は10月、音訳は12月まで行っています。また電子書籍(テキストデイジー)講習会も行っています。

ボランティアに関するお知らせ

●大阪市に「暴風警報が発令」された時のボランティア活動について

・午前7時の時点で発令  → 午前の活動は中止
・午前10時の時点で発令 → 午後の活動は中止
・午後5時の時点で発令  → 夜間の活動は中止  となります。

また、他の警報であっても交通機関への影響が懸念される場合もあります。身の安全を最優先にお願いいたします。

点訳ボランティア

活字情報を点字に置きかえることを「点訳」といいます。
案内表示や商品など普段の生活の中で点字を目にしたことのある人も多いと思います。

  • 点字は六つの点の組み合わせにより「仮名」で表していきます。
  • 決められた規則に従って言葉の意味が分かるよう、間に空白(スペース)を入れて表します。
  • 当初は1文字ずつ手で打っていましたが、30年ほど前からパソコンによる点訳が普及しました。

これにより、作成した点字データを専用プリンターで必要な数だけ印刷できるようになったほか、「点字ディスプレイ」などの機器を使い、手軽に読むこともできるようになりました。

音訳ボランティア

活字情報を声で置きかえることを「音訳」といいます。
最近では中途で視覚障がいになる人が多いため、点字が読めない方も少なくありません。
そのため、耳で聞いて情報を得る「音声」の役割が重要になっています。

  • 音訳は「相手が聞いて内容がわかる」ように読むことが大切です。
  • 点字図書室では録音作業をパソコンで行います。
  • 編集ソフトで、録音した音声データに目次などの見出しやページ情報を入れていきます。

これらは「デイジー」という国際規格に基づいて作られています。

DAISY(デイジー)=アクセシブルな情報システム
Digital Accessible Information SYstem

開館時間・休館日

月曜日から土曜日
9:30から17:00

日曜日、国民の祝日、年末年始
(12月29日〜1月3日)は休館

関連施設

大阪市の大阪市立早川福祉会館点字図書室のページ

社会福祉法人日本ライトハウス情報文化センター

社会福祉法人 大阪市障害者福祉・スポーツ協会 大阪市立早川福祉会館

サピエ