灯友会のご案内

灯友会は、日本ライトハウスの後援会として、さまざまな角度から日本ライトハウスを支援しています。
作品展示バザールやふれあいコンサートなどを行い、視覚障害への理解を深めていただくことや収益を寄附するなどの活動を行います。

1922年(大正11年)に岩橋武夫が点字図書づくりを始めて、日本ライトハウスは目の不自由な方々の"陸の灯台守"として、視覚障害者福祉一筋に懸命の努力を重ねております。その内容は、多岐にわたっており、現在視覚障害リハビリテーション分野においては、職業・生活訓練センターや重度・重複障害者への訓練、さらには授産施設や盲導犬育成施設の運営を行っております。

また、情報提供の分野においても点字図書や声の図書、バリアフリーな生活グッズなどの情報提供を行っておりますが、これら事業の運営は多くのボランティアの力と、社会の皆さまから頂戴するご寄附の支えがあって成り立っております。ついてはこの日本ライトハウスの事業を組織的に応援するところを作ろう、会員の会費納入を原資とする支援組織が望ましいとして、1996年(平成8年)に灯友会が設立されました。



【灯友会のイベントそのほかインフォメーション】

☆2018年灯友会クリスマスチャリティコンサートのお誘い☆

今年も恒例のクリスマスチャリティーコンサートを行います。
ご出演いただきますのは、いつも魅了されるゴスペルグループ“West Side Choir”の皆さんと、久しぶりに大阪府立視覚支援学校音楽科の卒業生でソプラノの辻本実里さんをお迎えし、荘厳な調べと若々しい歌声でクリスマスのひとときをお楽しみいただきます。  皆さま方のご来場を心よりお待ちいたしております。ぜひお越しください。
なお、今年は、コンサート終演後、コースの中華料理をお楽しみいただく二次会を開催いたしますので、併せてご参加ください。

[主催/お問い合わせ] 社会福祉法人日本ライトハウス内 灯友会事務局
住所:大阪市鶴見区今津中2- 4 -37 TEL:06 - 6961-5521

☆第18回 灯友会バザール☆

第18回 灯友会バザールにご協力いただきありがとうございました。
バザールの収益金は日本ライトハウスに寄附いたします。

【お問い合わせ先】
  灯友会にご関心を持たれましたら、お気軽にご連絡ください。

トップページへ戻る