児童書・一般書(点字版)内容紹介H278-H271

このページは点字出版しております図書の内容紹介のみ掲載しております。定価などは、お気軽にお電話ください(06-6784-4414)。

※各紹介のあとのリンクは同じジャンルの一覧表が別窓に表示されるようになっています。 別窓を閉じないで同じ作業をくりかえされますと、画面上に窓があふれますのでご注意ください。

テクティのトップページにもどる


H288-H281    H278   H277    H276   H275    H274   H273    H272   H271    H268-H261    H259-H251    H249-H241    H239-H231    H229-H221    H219-H211    H209-H201

H278


「マルセロ・イン・ザ・リアルワールド」

マルセロは発達障害をもつ17歳。「リアルな世界」を経験してほしいという父親の望みに応え、ひと夏の間、法律事務所で働くことになります。新しい出会いや仕事に戸惑いながらも試練の毎日を乗りこえていきますが、一枚の写真から事務所の秘密を知ってしまい…。

世界の文学 ま行

「わたしが情報について語るなら―未来のおとなへ語る―」

「情報」は、知識・写真・映像・音・匂いなど、いろいろなかたちをとって私たちの周りにあふれています。そもそも「情報」とはどういうものなのでしょうか。様々な角度から「情報」の見方・受け取り方・選び方を説き、さらに、今日の情報社会の中でどのように「情報」と付き合っていくか、そのための「編集」の重要性を丁寧に解説します。

社会科の本(単行本)

もどる

H277


「六月のイカロス ―ミュウとアリ子の放課後ノート―」

雨の朝、事件は起こった。机の中にしかけられた死神のカード。犯人として浮かび上がった女子生徒の言葉に隠された大切な思い出とは…。美咲ノ杜高校に通う一年生のアリ子は、親友ミュウとともに真相を求め立ち上がる。

日本の文学 ら行

「河合敦先生の特別授業 日本史人物68」

「美男子のイメージの源義経、本当の容姿は…」「失敗を乗り越え出世した小野妹子」など、偉人たちの意外な一面やびっくりするようなエピソードが満載。歴史の基本をおさえるための資料ページも充実しています。歴史初心者にも興味を持ってもらえるよう、易しい筆致で書かれた歴史人物伝。

日本の歴史(単行本)

もどる

H276


「「和食」って何?」

2013年、ユネスコの無形文化遺産に登録された「和食:日本人の伝統的な食文化」。しかし和食とは何を指すのか。江戸時代から現代まで、資料をもとに和食の歴史を辿り、海外から来た食文化を取り入れることで大きく変化してきた「和食」と暮らしについて改めて考える一冊。

社会科の本(単行本)

「思い出をレスキューせよ!―「記憶をつなぐ」被災地の紙本・書籍保存修復士―」

思い出を救う。それは、被災した方が生きていくための大きな力となる…。東日本大震災の 被災地や、全国のボランティア団体などで進められた、被災した写真を救う「写真洗浄」。その取り組みを、岩手県大船渡市に住む、一人の紙本・書籍保存修復士の姿を通して紹介する。

ノンフィクション(単行本)

「患者さんが教えてくれた ―水俣病と原田正純先生―」

「水俣病」という公害病に一生をかけて向き合った医師、原田正純先生。原田先生は、水俣病患者の家に通って診察を続けるうちに、認定されているよりもはるかに多くの人が同じ症状で苦しんでいることに気づきます。胎児性水俣病を発見し、亡くなる直前まで患者を支え続けた医師の半生を伝えます。

伝記(単行本)

「お人形屋さんに来たネコ」

時代は20世紀初頭。ニューヨークの移民街に暮らすアナは11歳。ある日、パパたちの故郷ロシアから、いとこのタニアが来て、しばらく一緒に住むことになります。でもタニアはうちとけず、全くしゃべりません。同じ頃、近所で野良ネコが子ネコをうんで…。ネコの親子を見守りながら、いとこの力になろうとがんばる少女の姿をいきいきと描く物語。『うちはお人形の修理屋さん』の続編です。

世界の文学 あ行

「ベイジル ―ねずみの国のシャーロック・ホームズ―」

ねずみの国には、シャーロック・ホームズと同じくらい有名な、名探偵ベイジルがいます。彼はホームズが住むロンドンのベーカー街にあるねずみの町・ホームズテッドに住んでいました。ある時、ふたごの姉妹が誘拐される事件が起きます。ベイジルは、相棒のドーソン博士とともに、鮮やかな推理で犯人を追い詰めていきます。果たして犯人たちの本当の狙いとは?

世界の文学 は行

「げんきなぬいぐるみ人形ガルドラ」

手づくりのぬいぐるみ人形ガルドラは、メリーベルのお人形。ある日、他のぬいぐるみたちと一緒に乳母車にのって、散歩に出かけます。ところが、途中で乳母車から落ち、思いがけない川の旅を楽しむことになります…。好奇心旺盛なガルドラの4つの冒険の物語です。

世界の文学 か行

「しゅくだい さかあがり」

夏休みもあと少しなのに、ゆうたは宿題のさかあがりがまだ1回もできていない。友達の さとしと一緒に練習をするけれど、何度やっても上手く回れず、さとしに八つ当たりしてしまう。ゆうたは、もうさかあがりなんてどうでもいいやって思ったけれど…。

日本の文学 さ行

もどる

H275


「人生をひもとく日本の古典 3 つながる」

この世の中で、他人とかかわりなく生きて行くことはできません。人とのつながりの中にこそ自分自身が存在しています。娘の恋人を苦々しく思いながらも祝福するスサノオ、気心の知れた友の早世を嘆く紫式部、どこまでも母親思いの頼山陽…。親子の絆、夫婦の機微、友情と信頼など、人と人とのつながり、さまざまな結びつきを古典文学の中に探ります。

ことばと読書(単行本)

「サマセット四姉妹の大冒険」

コーネリアの家の隣に引っ越してきた、作家のヴァージニア。その部屋は、床からヤシの木が生えたモロッコのリビングに、上品なフランスの応接間、読みきれないほど本があるイギリスの図書室…と、まるで外国のよう。そこで語られる、若きヴァージニアたちサマセット四姉妹の話にコーネリアはすっかり引きこまれていきます。

世界の文学 さ行

「おはなしのろうそく29・30」

幼児から小学校中・高学年まで楽しめる世界各地の昔話・創作などを、実際に子どもたちに語った経験をもとに編集。スペインの昔話「明かりをくれ!」やチベットの昔話「ネズミの大てがら」ほか、全9話を収録。

世界の文学(シリーズ) あ行

「はじめての北欧神話」

北ヨーロッパの国々に伝わる神話は、厳しい自然にはぐくまれた力強い物語。欧米の文学や音楽に大きな影響を与えている北欧神話を、初めてふれる子どもたちにも読みやすく書き直しています。神々にまつわる面白いエピソードを選び、「世界のはじまり」から「よみがえる大地」までを、時間の流れにそって描きます。

神話の謎、伝説と民話(単行本)

もどる

H274


「一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事 怒りのフローラ(上)」

バーディに殺されたはずのフローラの本当の母親は、実は死んでいないらしい。じゃあ、どこに隠れているんだろう? 自分のためじゃなく、我が祖国カリファの自由と独立のために、フローラはママをさがすことにしたが、禁止された魔法をつかうフローラの前に現れたのは…。破天荒で元気な異世界ファンタジー、完結編です。

世界の文学(シリーズ) あ行

「一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事 怒りのフローラ(下)」

母親をさがすための魔法は成功。ところが、ちゃんと場所を確認する前に肝心の地図を持っていかれてしまった。失意のフローラに追い打ちをかけるように、宿敵バーディの国に行けという命令が下る。バーディの国に向かう航海の途中で海賊に襲われたのをいいことに、フローラは勝手に目的を母親さがしに変更。道連れは忠実な犬フリンとクマ男、そして幽霊のタコ!果たしてフローラは本当の母親に会えるのか?

世界の文学(シリーズ) あ行

もどる

H273


「一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事 ほんとうのフローラ(上)」

フローラは魔法執事と一緒に消えたりせず、成人のお祝いも無事終わった。ところがある時、親友のウードと出かけたクラブで、トイレの便器から出没した巨大なイカの触手に襲われる。近頃カリファ共和国で頻繁に起きている地震の原因はこれではないかと気づいたフローラは、祖国の危機を救うべく時空を超えた旅に出る。奇想天外、大忙しのファンタジー第二作。

世界の文学(シリーズ) あ行

「一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事 ほんとうのフローラ(下)」

カリファの町を襲った大地震の元凶は、魔法によって巨大なイカの姿に閉じ込められた女の心霊だった。彼女を解放すればカリファも救われる。死者の世界と生者の世界を股にかけ、命がけで秘密部隊究極の荒技に挑むフローラ。そんな中、フローラは自分の本当の出生の秘密を知ることに…。

世界の文学(シリーズ) あ行

もどる

H272


「人生をひもとく日本の古典 4 たたかう」

お互いを支え合い助け合うのが人の常ですが、生きるうえでは、さまざまな揉めごと、争いごとを避けて通ることはできません。負けるが勝ちを実践した藤原道長、殿上人のいじめに立ち向かう平忠盛、継母からの辱めに耐える小林一茶…。対決と熱狂、心中の葛藤、戦いの悲しみなど、古典のなかに描かれた「たたかう」人びとの姿を探ります。

ことばと読書(単行本)

「旅に出よう ―世界にはいろんな生き方があふれてる―」

将来への不安や悩みを抱えながら海外へ旅立った若者が、オーストラリア、ユーラシア大陸、ヨーロッパ、アフリカへと続く5年にわたる旅で体験し、学んだものは何だったのか。国家に抗して小さな独立国を作った農民や、ある目的のために路上で楽器を弾き続ける老人など、旅で出会った人々の姿を通して「生きること」の意味を探る。

ノンフィクション(単行本)

「アナウンサーになろう! ―愛される話し方入門―」

なりたい職業への第一歩はきれいな話し方を身につけること。感じのよい話し方を身につけていれば、アナウンサーにならなかったとしても、どんな職業でも役に立つことでしょう。元アナウンサーの著者が、発声、発音、敬語のルールなど、日本語の常識と、素敵に見せる笑顔や姿勢についてアドバイス。

趣味と生活(単行本)

「おどろきのスズメバチ」

都市部にも巣をつくり、人を襲う恐ろしい「害虫」として悪名高い存在のスズメバチ。しかし、スズメバチの立場から人間や環境を見てみると、一概に害虫と決めつけられないことに気づかされます。長年スズメバチを研究し続けてきた著者の目を通して、意外と知られていないスズメバチの生態、自然のすばらしさ、環境問題、人間とスズメバチの関わりを伝えます。

数学と理科の本 動物のはなし

「深海の怪物 ダイオウイカを追え!」

2012年1月、ひとつのニュースが日本中、そして世界中を駆け巡りました。「世界で初めて、深海で生きているダイオウイカの動画撮影に成功!」。深海にすみ、最大で全長18メートルをこえるといわれる「海のモンスター」ダイオウイカ。その本当の姿を追い続けた研究者のチャレンジを描くノンフィクション。

数学と理科の本 動物のはなし

もどる

H271


「ブロード街の12日間」

1854年、ロンドンの下町で突然コレラが流行し始めます。この時代、原因も不明で治療法もなかったコレラは「青い恐怖」と恐れられていました。病から街を救ってもらおうと、13歳の少年イールが助けを求めたのは、女王陛下を治療したこともあると評判のジョン・スノウ博士。賢いイールはスノウ博士の助手として、この恐ろしい病がどこからきたのかを突き止めるため、証拠集めに奔走します。実話をもとに描かれる、スリル満点の物語。

世界の文学 は行

「ぼくらの津波てんでんこ」

東日本大震災で被災した岩手県釜石市の小中学校の児童・生徒たちは、「津波てんでんこ」の教えを忘れず、自分たちの命を守りました。大津波を生きぬいた釜石の子どもたちの“あきらめない心”を伝えるドキュメンタリー。

ノンフィクション(単行本)

「パン屋のこびととハリネズミ―ふしぎな11のおとぎ話―」

パン屋にはパン生地のこびとが住んでいます。ある日、パン屋のおやじさんにどなりつけられたこびとが機嫌をそこねたため、パンの種がみんなハリネズミにかわってしまい、さあ大変! 表題作のほか、ブーツをはいたら歩くのが止まらなくなってしまった「ヨリスとふしぎなブーツ」など、オランダの国民的作家による、ちょっぴりふしぎでゆかいなお話。

世界の文学 は行

「おばけのクリリン」

幼稚園に住む、おばけのクリリンは、自分の姿を見たら子どもたちが怖がるだろうと思っていつも姿を隠しています。でも、クリリンは子どもたちが大好きなので、先生や子どもに化けて一緒に遊ぶこともあります。遊んでいるうちに、ついつい、おばけにしかできないすごいジャンプをしてしまい、子どもたちの中には、怪しいものが幼稚園にいるのではないかと感づいている子も出てきました。ある日とうとう、みんなに姿を見られてしまう事件が起こりますが、子どもたちは怖がるどころか、好奇心をかきたてられて…。

日本の文学 あ行

「ねずみのオスカーとはるのおくりもの」

とても寒い冬、ねずみのオスカーとお父さんは、春に生まれる赤ちゃんとお母さんのため、食べ物さがしに大忙し。でも、近所の納屋には猫がすみついていて…。春を迎える喜びと、家族への思いやりがつまった、心あたたまるお話です。

世界の文学 な行

もどる

テクティのトップページにもどる