映画「一枚のハガキ」の音声解説映画体験会

わろう座イベント

 音声解説を多くの方々に知っていただくため、映画「一枚のハガキ」の映画体験会を行います。(日本語字幕は付きません)

日時 2013年8月30日(金曜日) 午後1時開場/1時30分上映 会場 日本ライトハウス情報文化センター 4階会議室1・2 参加費 無料 定員 60人(内 40人は先着 20人は抽選)

【作品紹介】(115分)   太平洋戦争末期。中年兵として招集された啓太と仲間99名の運命は、上官によるくじ引きで決定した。啓太はフィリピンへ赴任することになった戦友から、もし生き延びたら「ハガキは読んだと妻に伝えてくれ」と一枚のハガキを託される。終戦後、戦友の妻を訪ねると、彼女は家族を亡くし、貧しい農家でひとり懸命に生きていた。撮影当時98歳という日本最高齢監督の新藤兼人が、自らの戦争体験をもとに製作した感動の人間ドラマ。   出演 豊川悦司、大竹しのぶ、六平直政、柄本明、倍賞美津子ほか (日本映画・2011年作品)

 お申込みは電話かEメールで、以下の通りお申込みください。   電話は、8月6日(火)午前9時15分から9日(金)午後5時までの間に、情報文化センター総務係(電話06-6441-0015)まで。   Eメールの場合はすべて抽選。8月9日(金)までにwarouza@iccb.jpへ。メールの題名に必ず「わろう座映画会8月申込み」と書き、氏名と電話番号とガイドの有無を書いてください。8月10日(土)に抽選結果をお知らせします。